制作:(社)静岡県宅地建物取引業協会

 物件を購入または賃借する上で、土地を利用できる権利がどのようになっているかは重要です。不動産BOX静岡では、下記のように区分されていますが、物件取扱業者に十分説明を受けていただくことをすすめます。

【土地権利の種類】

●所有権‥法令の制限内で、特定の物を自由に使用収益または処分することができる権利をいいます。

●旧法地上‥旧法地上権は現在の地上権(普通地上)施行前に地主さんと契約しているものです。地上権とは、他人の土地において工作物(建物等)を所有するためにその土地を自由に使用する権利のことをいいます。

●普通地上‥地上権のこと。地上権は、他人の土地において工作物(建物等)を所有するためにその土地を使用する権利です。物権として登記の対象となる上、所有権と同様に自由に売買できます。

●旧法貸借‥現在の賃借権施行前に地主と契約しているものです。

●定期地上‥地上権のこと。地上権は、他人の土地において工作物(建物等)を所有するためにその土地を使用する権利。権利の存続期間を設定します。

●普通貸借‥賃借人の権利のこと。賃借人は目的物の使用収益権を有する一方で賃料支払いの義務を負います。譲渡又は転貸にあたっては地主の承諾が必要となります。