| TOP | お問合せ | プライバシーポリシー | お気に入りに追加 |  リンク  |


◆当協会の平成23年度の植樹活動は、6月1日、御殿場ライオンズクラブの「百年の計、富士山に緑を返そう運動」に協賛し、地元駿東支部の他、三島田方、沼津、富士、熱海支部から会員計34名が参加した。
 








 平成22年2月5日、静岡市清水区三保の松原にて、静岡県宅建協会本部役員及び地元支部役員による社会奉仕事業「植林活動」を実施しました。
 地球温暖化が問題となっている現代、木の伐採に間接的に関わっている業種として宅建業界が植林活動を行うことは、社会的使命と考え宅建本部広報委員会で企画しました。
 羽衣伝説で有名な三保の松原は、松くい虫による被害により年間約1千本もの木が枯れ朽ちているとのこと。




2月5日(金)AM10:30 清水区三保(三保園ホテル)に12支部役員(90人)集合

三保園ホテルから植林場所まで、600m徒歩で移動後、地元自治会長からご挨拶

草や古木の取り除き作業開始(約45分かかりました)

松の苗を植付ける前に、1m間隔で竹の棒をさしていきます

松の苗を植付け開始

苗にたっぷり水をかけ植付け完了

最後に、宅建協会の杭を打ち込み活動終了


    今回の植林活動では、地元の名勝保存会様に、松の苗をいただき、植付けの指導をしていただきました。
    そのお礼として、収納庫を宅建協会から贈呈させていただきました。



Copyright(C)2010 SHIZUOKA REAL ESTATE ASSOCIATION, ALL RIGHTS RESERVED.